男性の肌に本当に必要なのは保湿だった?!男性の肌悩みの原因は乾燥にあり!

ひじり

こんにちは!

メンズ美容ブロガーのひじりです。

スキンケアをしている男性はどうしてスキンケアを始めたのか気になりませんか?

男性がスキンケアを始めるのに考えられる理由はいくつかありますが、今回は男性肌の特徴からスキンケアの必要性を解説していきたいと思います。

 

男性肌の特徴

男性の肌は、女性の肌に比べて水分量は1/2以下と少ない上に、水分蒸散量は2倍以上あります。

皮脂量は約3倍もあります。

いわゆる「Tゾーン」とよばれる、額から鼻先にかけてテカリやべたつきが多いです。

逆に、シェービングを行う「Uゾーン」とよばれる、あご・口まわりは乾燥しがちです。

※ポーラ化成工業【男性の肌を徹底調査】2009年 参照

 

肌のバリア機能とは

肌の一番外側には、0.02mm(ラップ1枚程度)の角層があります。

角層は外部から受ける刺激から肌を守り、体内から水分が蒸発していくのを防いでいます。

NMF(天然保湿因子)や細胞間脂質などのバリア機能の働きでうるおいを保ち、皮膚を乾燥から守っています。

さらに、皮脂と汗が混ざってできた皮脂膜が、角層を覆うように存在しています。

NMFとは・・・
アミノ酸が主な成分で、PCA、乳酸ナトリウム、尿素などの保湿成分が集まったものです。
吸水性と保湿性に優れています。

 

肌が乾燥する原因

皮膚のうるおいは、皮脂・NMF・細胞間脂質によって一定に保たれています。

ところが、ターンオーバーの乱れや加齢などの原因で、天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質が減って細胞をつなぎとめる力が弱くなると、バリア機能が低下し、水分が逃げてしまいます。その結果、肌の乾燥を招いてしまうのです。

つまり、肌を乾燥させないためには、肌のバリア機能を守ることが重要になります。

 

肌のバリア機能を低下させる男性にありがちな習慣

間違ったスキンケア

顔のべたつきを気にしすぎるあまり、過度な洗顔をしてしまう。

  • 「皮脂をごっそり落とす」などの宣伝文句のある洗浄力の高すぎる洗顔料を使用
  • 1日に何度も洗顔する
  • べたつきが無くなるまで、ゴシゴシ洗う

毎日の髭剃り

髭を剃り落とすだけでなく、肌表面の角質や皮脂膜まで必要以上に削いでしまう。

紫外線対策をしない

日焼け止めなどの紫外線対策を怠りがちな男性は、紫外線の影響をストレートに受けてしまいます。

紫外線は角化のリズムを乱し、角層中の水分を減少させてしまいます。

 

男性の肌には保湿が必要だった!

肌の水分が少なくなると、肌の皮脂割合が多くなり、顔がテカテカ、ギトギト見えてしまいます。

また、皮脂が過剰になると、ニキビの原因にもなったり、酸化した皮脂がさらなる肌トラブルを引き起こしてしまいます。

つまり、過剰な皮脂やテカリの原因は乾燥に起因しているのです。

肌の乾燥をケアし、肌の水分量と油分量のバランスを整え、肌のバリア機能を正常化することが必要です。

男性に不足しがちな水分を補うためにも、男性の肌には保湿が必要です。

スキンケアが必要だったのは男性も同じなのです。

 

まとめ

男性の肌は、女性よりも水分が不足しています。

元々の水分量の差ももちろんありますが、男性は日々の習慣で肌の乾燥に拍車をかけています。

乾燥した肌がテカリなどの肌悩みをもたらしていることも知りません。

今回のポイント
  1. 肌のバリア機能の低下が、乾燥の原因
  2. 肌の乾燥が、顔のテカり、べたつきの原因
  3. 男性の肌には保湿が必要

 

水分と油分のバランスの取れた正常な肌状態を目指して、スキンケアに取り組んでいきましょう!

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です