【やり方・選び方】男性向けにメンズクレンジングの基本を解説!

ひじり

こんにちは!

メンズ美容ブロガーのひじりです。

「メイクが落ちるしくみを説明してください」

男性のあなたは説明できますか?

女性なら説明できる人はけっこういると思いますが、男性だと分からない人はそこそこいるんじゃないでしょうか。

いまや、男性もメイクをするようになりました。そのため、正しいクレンジングの知識も必要です。

今回は、男性向けにメンズクレンジングの基本をご紹介いたします。

クレンジングの基本

クレンジングで落とすものは、洗顔では落ちにくいメイクアップ化粧品です。

そのため、メイクをした日はクレンジングをする必要があります。

メイクが落ちるしくみ

ポイントは、クレンジングの主成分である油性成分界面活性剤です。

まず、油性成分が、メイクアップ化粧品の油分を浮かび上がらせます

次に、界面活性剤が、浮き上がったメイクを包み込みます

そして、水で洗い流すとメイクが落ちます。

 

☆界面活性剤ってこんなやつ

界面活性剤は、油分と水分をなじみやすくする性質を持っています。

親油基の方が汚れ(油)とくっつきやすいです。

イメージだとこんな感じです。

親水基が外側になって油を包み込んでいます。

この状態にして、水で洗い流すと、すんなり油が流れていきます。

メイクを落とさないとどうなる?

肌の表面では、空気中の汚れや、汗、皮脂、化粧品などが混ざり合っています。時間が経つと皮脂の酸化により過酸化脂質がつくられ、肌への刺激物質になることもあります。

その結果、色素が沈着してシミやくすみの原因になったり、毛穴がつまったり、ニキビができてしまったりと、肌トラブルのもとになります。

クレンジングの種類

クレンジングにはさまざまな種類があります。まずは、どんな種類があるのか、クレンジング力はどのくらいなのかを知りましょう!

クレンジング力の強い順に紹介していきます。

クレンジングオイル

クレンジング力が一番強いタイプです。

濃いメイクもばっちり落とせますが、洗い上がりの肌が乾燥しやすくなる傾向にあります。

また、クッション性がないので、やさしく肌に馴染ませる必要があります。

クレンジングジェル(油系)

クレンジング力は、クレンジングオイルに次いで高めです。

クッション性があるので、摩擦による肌負担は小さいです。

クレンジングクリーム

界面活性剤と油分が比較的バランスよく配合されています。

クッション性があり、肌への負担が小さいです。

使用後のベタつきが気になることも。

クレンジングジェル(水系)

クレンジング力は弱めですが、使用後の感触はさっぱりしています。

油性成分が少ないので、界面活性剤が多くなりがち

クッション性があるので、摩擦による肌負担は小さいです。

クレンジングミルク

クリームより、水溶性成分が多めで、使用後の感触がさっぱりしています。

クレンジング力は弱めで、刺激が少ないものが多いので、男性の軽いメイクを落とすのに向いています

乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめです。

クレンジングローション

クレンジング力自体はさほど高くありませんが、コットンなどに含ませてふき取るように使うので、摩擦でクレンジング力は増します。

クレンジングシート

クレンジング剤が最初からシートに含まれているので便利です。

僕もそうでしたが、急な飲み会などで夜遅く帰宅して今から洗面台でメイク落とすのって面倒くさいですよね。でも、メイクは落としておきたい。そんな時に重宝します。

ただし、ローションと同様ふき取るように使うので、肌に負担がかかってしまいます。

クレンジングの選び方

クレンジングをすると、化粧や汚れだけじゃなくて、皮脂膜も同時に洗い流されてしまいます。

皮脂膜は、肌のうるおいに必要なものなので、過剰に洗い流すと肌トラブルにつながります。

そのため、自分の化粧の濃さでクレンジングを選ぶ必要があります。

男性の場合は、化粧といってもBBクリームとか部分的にコンシーラーを使うくらいじゃないでしょうか?

このくらいの化粧であれば、水系クレンジングジェルクレンジングミルククレンジング力が弱いもので十分です。

なお、水系ジェルは界面活性剤が多くなりがちなので、ミルクタイプのものが肌に負担が少ないと思います。

プラスして、クレンジングシートも持っておくと便利ですよ^^

クレンジングのやり方

上でも説明したんですが、男性の場合はミルクタイプか水系ジェルタイプくらいしか使わないと思うので、この2つの使い方だけ説明しておきますね。

ミルククレンジングのやり方

出典:https://www.amazon.co.jp

適量を手にとり、手のひらで少し温めてから、顔全体に伸ばします。顔の内側から外側に向かって、クルクル円を描くようになじませます。しっかり汚れが浮き上がったら、ぬるま湯で洗い流してください。

ジェルクレンジング(水系)のやり方

出典:https://www.amazon.co.jp

適量を手にとり、手のひらで少し温めてから、顔全体に伸ばします。顔の内側から外側に向かってクルクルと軽くマッサージするように汚れをジェルに馴染ませていきます。メイクとジェルが馴染んで白っぽくなってきたら、ぬるま湯で洗い流してください。

 

ひじり

クレンジング剤が少ないと肌に負担がかかるので、肌の上で抵抗なく滑るくらいたっぷり使いましょう。

クレンジングのもう1つの効果

クレンジングは、メイクを落とすもの。このイメージが強いと思います。だから、これまで男性はクレンジングというものをしてきませんでした。

ところが、近年BBクリームを中心にさりげなく化粧をする男性が増えてきました。

そのため、一部の男性もクレンジングを始めましたが、理由はメイクをしたからそれを落とすためです。

実は、クレンジングには毛穴の汚れや角栓を落とす効果があります。

いわゆる「いちご鼻」に悩んでいる方もいるんじゃないでしょうか。

毛穴の黒ずみは古くなった皮脂が毛穴に詰まっている状態です。

皮脂の汚れ、つまり「」ですよね。

クレンジングで汚れが落ちるしくみを知っていれば、なんとなく毛穴の汚れも落とせるとは思いませんか?

とはいえ、一般的なクレンジングはメイクを落とすことを考えて作られているので、さほど効果は期待できないでしょう。

ただ、毛穴クレンジングにフォーカスしたクレンジングもありますので、毛穴の汚れが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

男性のためのクレンジングについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分がクレンジングするようになって分かったと思いますが、女性は毎日こんなことをしていたんですね。

やっぱり男からすると、面倒くさいと思いますが、メイクで肌の悩みをカバーしたんだから、クレンジングはしっかりしましょう

ちゃんと落とさないと、せっかくスキンケアに目覚めて化粧水でケアしているお肌がかわいそうですよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です