シミで悩み始めた男性必見!シミ対策の基本を分かりやすく解説!

ひじり

こんにちは!

コスメコンシェルジュのひじりです。

「また、こんなのところにシミができてるよ・・」

「将来、シミができたら嫌だなぁ・・」

こんな風に思ったことはありませんか?

最近は男でもキレイな肌でいたいと思っている人が増えているんです。

どうですか?まわりに肌がキレイな男いませんか?

今回は、シミへの対策についてお話していきます。

シミができる原因は?

シミができる原因はたくさんありますが、あなたもご存じだとは思います。

なんといっても紫外線の影響が大きいです。

紫外線照射中や直後から生成されたメラニンは、皮膚のターンオーバーとともに排出されていきますが、排出しきれずに残るとシミになります。

また、繰り返し紫外線を浴びるとメラノサイトの数自体が増え、より肌は黒くなっていきます。

引用:SHISEIDO

ところで、シミにもタイプがあることを知っていますか?

男性の場合は基本的に2つあります。

言葉だけ最初に出してしまうと、老人性色素斑と炎症後色素沈着の2つです。

男のシミ タイプ別対策

シミには主に2つのタイプがあるんですが、それそれで対策が違うのでここでしっかり理解して、適切なケアでシミをなくしましょう!

老人性色素斑

老人性色素斑はシミのなかでもっとも多いタイプです。

このタイプのシミは、紫外線の影響や肌の老化によってメラニンが蓄積することでできます。

なので、対策は紫外線を避け、UVケア商品で紫外線を防ぐことです。

ひじり

ほんとに初期の薄いシミなら、美白化粧品もありですよ!

ただし、定着してしまった濃いシミは美白化粧品を使ってもを効果は期待できません。美白化粧品はシミを消すのが目的ではなく、シミを予防することが目的の化粧品なんです。誤った認識をしている方もいらっしゃると思いますので、ちゃんと理解しておきましょう。

>ニベアサン ウォータージェル SPF35 [ポンプ]

炎症後色素沈着

男の場合は、こっちのタイプが多いと言われています。

ニキビ跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症が治ったときにできるシミです。

対策としては、美白化粧品を日々のケアに取り入れていくのが良いですよ。また、刺激し過ぎると、その刺激がメラニン合成を高めてしまうので、顔を洗う時もこすりすぎないように注意してくださいね。

できちゃったシミを今すぐなんとかしたい・・

日々のケアについては、日焼け止めと美白化粧品で対策していくのは分かったけど、今すぐシミを隠したいと思う人もいると思います。

そんなときに助けてくれるのがコンシーラーです。

コンシーラーとは

コンシーラーは、シミやニキビ跡、クマなどを部分的に隠したいときに使います。

コンシーラーの使い方

コンシーラーをシミに直接塗って、肌との境目は手で軽くたたいてぼかします。

>ザス メンズコンシーラー

>メンズアクネバリア 薬用コンシーラー ナチュラル(標準的肌色)

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はシミの対策についてお話してきました。

残念ながら、シミの対策は一朝一夕でできるものではありません。日々のケアが大切です。

シミに悩まないキレイな肌を目指してがんばりましょう!

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です