【メンズスキンケア】男にもおすすめできる収れん化粧水5選。

ひじり

こんにちは!

メンズ美容ブロガーのひじりです。

 

顔が皮脂でテカったら洗顔シートでゴシゴシ拭き取っていませんか?

顔がテカるほど出ている皮脂を放置しておくのも良いことではないので、洗顔シートを利用するなとは言いません。

ただ、「ゴシゴシ」拭き取ったり、一日に何度も洗顔シートを利用するのは肌にとても負担がかかります。

 

そもそも、「皮脂の分泌を抑制する」ということを考えたことはあるでしょうか?

昔からテカりやすいからとか、体質だからで割り切っていませんか?

 

今回はそんな顔のテカリに悩む方や毛穴の開きが気になるあなたに、「収れん化粧水」というものをご紹介したいと思います!

 

収れん化粧水とは

 

収れん化粧水は、次の2つの作用をもつ化粧水を指します。

 

  1. 収れん作用(毛穴の引き締め)
  2. 皮脂抑制作用

 

アルコールの配合量が多く、さっぱりとした使用感があります。

一般的に化粧水と呼ばれるものは、保湿成分が肌を柔らかくし、肌に潤いを与えます。

 

<こんな悩みにおすすめ!>

  • 顔がテカりやすい、べたつきやすい
  • 毛穴の開きが気になる
  • ニキビがよくできる

 

収れん化粧水の正しい使い方

 

一般的な化粧水は保湿を目的とするので、洗顔直後に使用しますが、収れん化粧水の場合は、乳液のあとに使用します。

収れん化粧水を取り入れたスキンケアの順番

  1. 洗顔
  2. 化粧水(保湿)
  3. 乳液
  4. 収れん化粧水

 

※注意
上記の収れん化粧水の使用タイミングは一般的に言われているものです。
商品によっては使用するタイミングが異なる場合がありますので、商品パッケージに記載された「使用手順」を確認してから使用するようにしましょう。

 

収れん化粧水を使った方が良い人

 

顔がべたついたり、テカりやすい、いわゆるオイリー肌(脂性肌)と呼ばれる肌タイプの人は、ぜひ収れん化粧水をスキンケアに取り入れていただきたいです。

毛穴の開きが気になる人も収れん化粧水はおすすめです。

 

ただし、顔がべたついたり、顔がテカりやすい人でも、インナードライ肌(乾燥性脂性肌)の人は収れん化粧水を使わない方が良いかもしれません。

インナードライ肌の方は、テカリやべたつきの原因が肌の乾燥にあるからです。

 

自分がどちらの肌タイプなのか気になった方は、別の記事で詳しくお話しているので、↓のリンク先もご一読してみてくださいね^^

 

 

おすすめの収れん化粧水5つはコレだ!

 

男性向け化粧品市場が拡大してきている現在ですが、まだまだメンズラインは種類が少ないです・・

これから紹介する収れん化粧水も、女性向けに発売されているものから男性にもおすすめできるものをピックアップしています。

なので、パッケージのデザインが女性向けっぽいですが、そこは肌の悩みを何とかできるという気持ちで、ご勘弁ください(笑)

 

SHISEIDO メン トーニングローション

皮脂によるべたつきやダメージを防ぎ、きりっと引きしめながら、なめらかな感触の肌にするローションです。

収れん成分にシラカバ樹皮エキスも配合されています。

男性向けの収れん化粧水は少ないですが、こちらの商品は男性向けです。

 

明色スキンコンディショナー

肌あれ・毛穴の肌トラブルを整える化粧水です。

オーガニックローズ水が皮脂、テカりを防ぐ効果があり、ハマメリスエキスの収れん効果で毛穴を引き締めます。

また、プレ化粧水として利用することもできます。

 

モイスタージュ エッセンスローション (収れん)

保湿しながら肌や毛穴をひきしめることができる収れん化粧水です。

保湿成分にコラーゲン、引き締め成分にハマメリスエキスが配合されています。

 

カーマインローション(N)

ふだんのお手入れや、肌がほてるときなどのお手入れにおすすめです。

粉末入りなので肌がさらさらとします。

よく振ってから使用してくださいね。

 

オードルックス(アストリンゼントマイルド)N

肌をひきしめ、きめを整える収れん化粧水です。

価格が1000円以内と安く財布にやさしい!

アルコールが多く配合されているので、乳液のべたつきが気になりがちな男ならさっぱりして気持ちがいいかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか?気になった商品はありましたか?

今回ご紹介した商品も参考にしていただき、テカリや毛穴の開きが気になる方はぜひ収れん化粧水をスキンケアに取り入れてみてくださいね^^

スポンサーリンク

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です