ターンオーバーのしくみを理解!スキンケアの効果を実感できるまでの期間がわかる?

ひじり

こんにちは!

メンズ美容ブロガーのひじりです。

「化粧水の効果はどのくらいでわかるのか」
「1ヶ月くらい使った方がいいって言うのはなぜか」

こんな疑問を持っている方いらっしゃいますよね?

今回は、肌のターンオーバーと化粧品の効果についてお話したいと思います。

ターンオーバーのしくみ

表皮の生まれ変わりは約28日間が理想と言われています。

その速度は速すぎても遅すぎても問題があります。

表皮の一番下にある層(基底層)で、いわゆる肌細胞が生まれ約14日間で角層に到達し、さらに角層で約14日間とどまりアカとなって剥がれ落ちます。

この、表皮の生まれ変わりをターンオーバーと言います。

ターンオーバーが乱れる原因

  • 年齢による乱れ

加齢とともに基底細胞自体の機能が低下するため、年齢とともにターンオーバーの周期は遅くなるといわれています。

 

  • 紫外線・肌荒れによる乱れ

紫外線によるサンバーンや、肌荒れを起こしている場合は、ダメージを早く回復しようと、ターンオーバーのサイクルは早まります。

 

  • 寝不足

眠り始めの約3時間の深い眠りに成長ホルモンの分泌が盛んになります。この成長ホルモンによって食事でとった栄養を吸収し細胞が活性します。

 

  • 偏った食事

美肌のための食事や飲み物といえば、ビタミンを意識した野菜やフルーツなどを思い浮かべると思います。

ただ、栄養素は単独で作用するものではないので、特定の栄養素ばかりたくさん摂取するのではなく、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

 

ひじり

美肌づくりで注目したい3つの栄養素はビタミンAタンパク質ビタミンCです。

 

  • 運動不足

健康の維持に欠かせない運動には、さまざまな効果が期待できます。たとえば、脂肪燃焼による体重減少、心肺機能の向上、筋力アップ、ストレス解消、生活習慣病の予防と改善等があげられます。

適度な運動は、肌の生まれ変わりも活発化させ、ターンオーバーの正常化に役立ちます。

 

ターンオーバーを正常化

ターンオーバーを正常化するに、睡眠時間や規則正しい生活、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めないなど、生活習慣を今一度見直しましょう。

ターンオーバーが遅い場合、角質が溜まり肌がくすんだり、ごわつきが出てきます。

スキンケアでピーリングを定期的に行なうことが効果的です。

ですが、顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまいます。

ターンオーバーが早い場合、核が残ったままの未熟な細胞が表面に上がってきて、肌がゴワゴワしている状態なので、水分を保持することが難しく乾燥したりします。

ワセリンやクリームなどで表面を滑らかにし、丁寧に保湿と保護をして洗いすぎないようにすると正常化につながります。

肌のターンオーバーと化粧品の効果の関係

ターンオーバーの周期は約28日と先ほど説明しましたが、実際には28日から50日以上かかることもあります。年齢を重ねるにしたがって、ターンオーバーの周期が遅くなるようです。

化粧品は1本を使い切るのにおおよそ1ヶ月程度かかりますが、これはターンオーバーの周期とほぼ同じ期間で、1ヶ月使い続ければ、ターンオーバーで新しく生まれ変わった肌に、化粧品がどのように働いたのか分かるわけです。

□ポイント
・新しい化粧品は1ヶ月は継続して使用し、効果を確認しましょう!

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です