紫外線対策は男もすべきです【若さを維持したい人向け】

紫外線対策は男性もした方が良いのでしょうか?

結論は男性も紫外線対策をした方が良いです。

今回は、男性も紫外線対策をした方が良い理由と対策をご紹介します。

紫外線対策は男もすべきです

紫外線のイメージってこんな感じじゃないですか?

  • 肌が焼ける
  • シミの原因になる
  • 皮膚がんになる

 

僕もそう思っていました。

このイメージ自体は間違いではないんですが、スキンケアを意識するようになってから、紫外線はヤバいと気づきました。

僕がスキンケアをする理由に今の若さを維持したいということがあるんですが、紫外線は肌の老化を促進するんだそうです。

米国皮膚科学会によると、老化の約80%が紫外線による影響とのこと。

 

真皮はコラーゲン繊維やエラスチン繊維が張りめぐらされていて、肌にしなやかさや弾力を与えています。

ところが、紫外線を浴びると皮膚の中で活性酸素が発生し、コラーゲン繊維やエラスチン繊維などを分解する酵素の産生を促進します。

結果として、肌が乾燥したり、しわ・たるみにつながったりして、老けて見えることになります。

光老化についてはこちらのサイトも参考にしてみてください。
⇒ https://www.hikari-rouka.org/knowledge/

UV-AとUV-Bについて

紫外線は、地上に届くA波とB波、地上には届かないC波の3つに分かれています。

UV-A

日焼けで肌が黒くなることをサンタンといいますが、UV-Aはサンタンを起こしたり、肌の弾力を保つエラスチン繊維やコラーゲン繊維にダメージを与え、しわ・たるみの原因になったりします。

紫外線照射中や直後から黒くなる ⇒ 即時型黒化
照射量によって数ヶ月持続する ⇒ 遅延型黒化

また、UV-Aは生活紫外線とも呼ばれ、地上に到達する紫外線の約9割を占めるそうです。

紫外線の中でも波長が長く、真皮にまで届きます。

UV-Aはしわ・たるみの原因

UV-B

夏場に日焼けすると肌が赤くなってヒリヒリしたことがありますよね?

これは、サンバーンといいますが、UV-Bは、サンバーンやサンタンを起こします。

サンバーンを起こすほどの日焼けは、細胞へのダメージが大きく、赤く日焼けした後に皮が向けるのは細胞の修復ができない状態のためです。

UV-Bは、レジャー紫外線とも呼ばれ、7月~8月の間は特に強く地上に降りそそぎます。

UV-Bはシミの原因

紫外線対策アイテム

日焼け止め

日焼け止めには、肌への影響のある紫外線を防ぐ効果をわかりやすく示した「サンケア指数(SPF・PA)」があります。

■SPF(Sun Protection Factor)
UV-Bの防止効果を表す数値。
サンバーンを起こすまでの時間を何倍に延ばせるかの目安。

25分で肌が赤くなる人の場合、SPF30のUVケア化粧品を使う場合、塗らなかったときの35倍の時間(約12時間)、肌が赤くなることを防ぐという目安になります。

<計算式>
25分×SPF30=750分=約12時間
25分×SPF50=1250分=約20時間

数字上は一回塗ってしまえば一日は持ちそうですが、日焼け止めは汗などで流れてしまうため、少なくとも2~3時間おきに塗りなおす必要があります。

■PA(Protection Grade of UV-A)
UV-Aの防止効果を+の数で表したもの。
UV-A照射後、2~24時間に生じる皮膚の即時黒化を指標にしたもの。

PA+:効果がある
PA++:かなり効果がある
PA+++:非常に効果がある
PA++++:極めて高い効果

日傘

紫外線は日焼け止めだけでは防ぎきれないものです。

本気で紫外線対策をしたいなら日傘も取り入れたいですね。

晴雨兼用の折り畳み傘もありますので、普段はカバンにでも入れて、雨に備える。

そして、ほんとに日差しがヤバいと思ったときは日傘として使うとか、少しずつ日傘をすることに慣れるのもいいと思います。

また、紫外線対策には黒が良いそうですよ。白は紫外線を反射するのに対し、黒は紫外線を吸収するといわれているので。

とはいえ、ほとんどの日傘にはUVカットのための薬品が塗られているので、UVカットの表記のある日傘であれば黒でなくとも大丈夫だと思います。

まとめ

紫外線を浴びる続けると、肌の老化が促進されてしまいます(光老化)。

今の若さを維持したいと少しでも思っている方はすぐにでも紫外線対策を始めてくださいね。

日焼け止めは僕も使っているんですが、日傘はやっぱり抵抗があってまだ使ったことはないです。

とはいえ、紫外線の肌への影響を考えたら日傘も今年は使っていきたいと思っています。

日傘は男性からするとハードルが高いと思いますが、日焼け止めはぜひ取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です